男性の更年期障害

 

更年期障害といえば女性特有の症状とされていますが、最近では男性にも更年期があることが広く認知されるようになりました。

 

最近パワーがなくなってきた、気分が落ち込むことがあるなどの症状で病院を受診する男性が増えてきて男性更年期という症状があることが知られるようになったのです。
こうした症状は将来重大な疾患の予兆になることもあります。

 

男性更年期障害の直接の原因は、男性ホルモンであるテストステロンの量が低下すること。
その症状は性欲の低下やED(勃起障害)、そして抑うつ感や落胆、不安、疲労など、そして身体的な症状として発汗やほてり、睡眠障害、関節や筋肉関連の症状が出てきます。

 

やっかいなのは、これらの症状がお互いに助長し合ってしまうことです。うつ状態になったからEDになる場合や、EDになってしまったからうつ状態になったというような場合です。こうなると余計テストステロンの低下を進行させてしまいます。

 

男性の更年期障害は女性より長くてやっかいなものになる可能性が高いのです。
少しでも変だと思ったら、早めに受診することが望ましいですね。

メタボリックシンドローム

 

40〜50歳代の中高年になると特に男性は、お腹周りが太くなってきます。そして健康診断などでメタボリックシンドロームと指摘されるようになります。

 

メタボの原因の一つに男性ホルモンの減少があげられます。男性ホルモンはエネルギー消費を高め、脂肪の分解を促進することで体脂肪を減少させます。男性ホルモンの減少によって、代謝異常を引き起こし体脂肪や内臓脂肪が増加して、肥満やインスリン抵抗性が高くなってしまうことがあるのです。

 

メタボの改善は運動や食生活、ストレス過多、不規則な生活習慣を改善して、まず内臓脂肪の低下を目指すことです。

 

しかし男性ホルモンの減少による男性更年期障害の症状があり、メタボになってしまったのであれば、運動や食生活などの改善だけではなく、男性ホルモンを増やすことを考えなければいけません。

 

お腹周りに脂肪がついた、体型が急に変わってきた、気分が落ち込むことがあるなどの自覚がある方は更年期障害が関係しているかもしれません。

糖尿病

 

男性の糖尿病発症には男性ホルモンの低下が関係しているという論文が発表されています。男性ホルモンの低下によって糖尿病予備軍になってしまうのだそうです。

 

新しい研究において、男性のテストステロン・レベルの低下が、血糖値を制御する
インスリンが有効に働かない状態につながる可能性があることを示したのです。

 

糖尿病は肥満とも関係が深いと言われていますが、この研究ではテストステロンのレベル低下は体重に関係なく、インスリン抵抗性が発症しやすいことがわかったのです。

 

2型糖尿病の男性を対象に、テストステロンを2週間ごとに24週間の注射をした結果、皮下脂肪が減少して脂肪を除いた筋肉や骨などの重さが増えたという報告がされています。

男性ホルモンと頭髪の関係

 

男性ホルモン減少と病気について

 

男性ホルモンと聞くと、強くてガッチリした男性で、ヒゲが濃くて、スポーツマンタイプをイメージします。実際、男性ホルモンとはそのイメージどおりの男性を作ります。

 

男らしいイコール男性ホルモンが多いというイメージですが、髪の薄い男性に対しても男性ホルモンが多い、と言われることがあります。
男性ホルモンと髪の毛との関係が気になります。

 

男性ホルモンは、筋肉を作り、体毛を濃くし、性欲を旺盛にし、冒険心や攻撃力を作りだします。
一方、女性ホルモンは、しなやかな体を作り、自律神経を安定させ、髪の毛を作ります。

 

男性の髪の毛が抜ける仕組みとして、頭皮の皮脂が多いというのがあります。
実はテストステロンが皮脂を分泌しています。なので男性ホルモンが多い人は皮脂も多いということになります。抜け毛や薄毛の人は、皮脂の分泌が多いことはすでによく知られています。

 

そして髪の毛のほとんどがタンパク質でできているのですが、テストステロンがタンパク質の生成を邪魔してしまうため髪の毛が出来にくくなって、結果徐々に頭髪は少なくなってしまいます。